専門ノウハウ

なぜスタンプ印(シャチハタ)はNGか?

AL101_natuin0320140830001_TP_V

書類押印に,愛知県内を西へ東へ移動していた
名古屋の特定行政書士,さわちゅう,こと,澤田です。
昨日とはうってかわって,今日は暑すぎる…。

行政書士というお仕事がら,非常に押印をいただくことが
多いわけですが,お願いしていないと,スタンプ印を
お客様がご準備されていたり,押印されていたりすることがあります。

スタンプ印って,あれです,シャチハタです。
もっとも,シャチハタって商品名なので…。
「朱肉不要でハンコが押せるやつ」といったほうが,
スタンプ印,というよりも通じるかもしれません。
(あぁ,シャチハタね,となりそうですが。)

 

で,なぜ,スタンプ印では
契約書等々への押印はNGなのか,というお話です。

 

理由1:大量生産されている可能性大

基本的にスタンプ印は大量生産されているので,
同じ印影のものがたくさんあるはず,です。

とすると,契約書とかが真意に基づいて作成されたことを
証明するためには,同じ印影のものがあるというのは,
偽造とかの余地が考えられなくもないので,望ましくないのです。

 

理由2:印影が変わってしまう

スタンプ印はゴムで印面ができているので,
押し続けていると印面が変形して印影が変わったり,
はたまた押し具合によって印影が変わったりします。

そうすると,「本当に○○さんが印を押した」ということを
あとから立証することが難しくなるので,
重要な書類には押すのをやめましょう,
ということにつながります。

 

理由3:印影が消える

これが最大の理由かもしれませんが,
スタンプ印は結構,印影が消えます。

インクを使っているので,使っているインクにもよりますが,
紫外線や揮発で,印影がきれいさっぱり消えるものが多いです。

また,消えなくても,ジワジワと広がって(にじんで)いき,
元の印影が分からない,ということも発生します。

一方で,朱肉を使った印影は,めったなことでは消えません。
なぜなら,通常,鉱物性の素材が使われているからです。

鉱物性ですので,揮発することもなく,
紫外線の影響も受けにくい,というのが利点です。

ただ,インク性のものがあるようですので,
朱肉にも気を使う必要が実務的にはあります。

 

 

というわけで,重要な書類には,
スタンプ印ではないハンコをつかいましょう。

特に重要な書類には,実印(市区町村に登録した印)で。

【スマホをご利用の方】
↓をタップですぐ電話がかけられます!

tel

【チャットワーク】コンタクト追加はここ】

関連記事

  1. 専門ノウハウ

    株式会社設立の費用(総額)

    株式会社設立のご相談が確実に増えている気がする名古屋の特定行政…

  2. 専門ノウハウ

    マーケティング視点による会社名の決め方

    決まらないときには,決まらない,会社名の決め方シリーズ,第…

  3. 専門ノウハウ

    株式会社設立の費用-カード払い

    現金支払いよりもカード支払い派の名古屋の特定行政書士の澤田です。…

  4. 専門ノウハウ

    資本金を入れる銀行口座

    会社設立のご依頼が急増している名古屋の特定行政書士,澤田です。…

  5. 専門ノウハウ

    windows10 アップデート 回避

    【windows10を入手する 削除】が人気キーワードになりつつあ…

  6. 専門ノウハウ

    国の許認可などはいっぱい

    あたらめて,国による許認可はいっぱいあるなぁ…と思った,名…

ちょっとしたことでもOKです

tel_side

最近の記事

PAGE TOP