専門ノウハウ

windows10 アップデート 回避

SEP_355215221321_TP_V
【windows10を入手する 削除】が人気キーワードになりつつある,
ITに詳しいクラウド系特定行政書士,さわちゅうこと,澤田です。
Windows10,一度,テストにアップデートしたマシンがあるのですが,
動きがいまいちなので7に戻しました。。。

設計思想がかわっているところが多いので,オールドユーザーとしては
7のほうが扱い安い・・・と思っているところの反面,
Win10は最終OS(ということになっているので),そろそろアップデートを
しておかないといけないのかなと思いつつ・・・。

でもね,まだ,Win10で動かないシステムが多いんですわ。
そして,不具合が出てるシステムも多いんですわ。(業界的に)

Win10の強制(?)アップデート発生中

最近,クライアントからの相談でままあるのが,
勝手にWin10へのアップデートが始まった,というもの(汗)

これ,実は予約ボタンをおしていたり,
自動更新設定にしていると,はまるっぽい感じです。

管理者泣かせ,ですね。。。

一応,30日ほど猶予はあって,Win7などの従前の環境に
戻すことはできるのですが,ライセンス認証が消えたなどの
不都合が発生している事案も出てきているので,要注意です。

定期的に全体のバックアップをとっておいて,
そこから復旧のほうが良いかと思います。

windows10を入手する を 消す

winnyu

勝手にアップデートされないためにも,Win10を入手する,
というタスクバーの右下にある機能は消しておきたいところ。

こいつに関連してくるのは,Windowsアップデートの更新プログラム。
具体的には「KB2952664」と「KB3035583」です。

特にKB3035583が曲者。結構削除しても,復活する(汗)
表示しないようにしていても,復活する(滝汗)

というわけで,これが出てきたら,毎回消す,ということになります。

なお,ここから先は特に不具合がでることはなかろうかと思いますが,
くれぐれも自己責任でお願いします

では,具体的に流れを見ていきましょう。

win10-1

まずは,コントロールパネルを開きます。
そのあと,Windows Update を開き,
左下の インストールされた更新プログラム をクリックします。

win10-2

検索ボックスにKB3035583と入力するか,
Microsoft Windows の項目の中にある KB3035583 を右クリックし,
アンインストールをクリックします。

win10-3

ダイアログにしたがって,はいを押して削除します。

win10-4

ここで再起動してもよいのですが,後で再起動するを
選択したほうがおすすめです。

なぜなら,アンインストールした次の瞬間,
再起動時に再度インストールされるときがあるから(汗)

Windows Updateの項目にもどり,更新プログラムを確認し,
KB3035583が更新プログラムに表示されていたら,
右クリックしてこのプログラムを表示しない,を選んでください。

そこまでやってから,再起動,です。

メンドクサイ,という玄人向けですが・・・

コマンド的には以下のとおり。

wusa.exe /uninstall /kb:3035583 /quiet /norestart

面倒だから,僕はパッチファイルつくっちゃいました。

【スマホをご利用の方】
↓をタップですぐ電話がかけられます!

tel

【チャットワーク】コンタクト追加はここ】

関連記事

  1. 日常の様子

    やる気の法則

    結果=やる気の2乗×資質(技術)吉田博一神社仏閣めぐりが実は趣味じ…

  2. 日常の様子

    粗利を下げて,数を売る。

    牛丼250円に,多少の魅力を感じるさわちゅうです,こんばんは。吉野家,…

  3. 日常の様子

    堀江貴文講演会

    講演会とか,セミナーとか,結構参加しているさわちゅうです,こんばんは。…

  4. マイナンバー対策

    マイナンバーは多分,漏れる

    日本年金機構はやってくれたなぁ・・・という感じの,情報セキ…

  5. 日常の様子

    ◆専門用語を使わないが…

    法律用語って難しくしてるよなぁ…と思う人と人の化学反応を科学して,日本…

  6. 日常の様子

    ◆税理士の選び方

    うちの提携事務所のひとつである,ザイムパートナーズさん。…奥田先生…

ちょっとしたことでもOKです

最近の記事





tel_side
〒460-0002
名古屋市中区丸の内一丁目10番29号
白川第8ビル5階
行政書士ほみにす法務事務所
PAGE TOP