日常の様子

あなたの組織を救う“重要な話”

終電で帰ってきて,気がついたら朝まで自宅で仕事をしていたさわちゅうです。
ライティングの仕事が結構たまっています。
プレスリリースも,何枚か書いていますので,
もしかしたら,どこかで僕が書いたものを目にするかもしれません。
もっとも,僕は黒子ですが,ね。
さて,今から重要なお話をします。
重要なお話をします。
大切なことなので,2回いいました。
まずは,トイレに行ってきてください。
そして,落ち着いてから,改めて読み進めてみてください。
よろしいでしょうか。
重要なお話をします。
それは…


 「重要な話」って何だと思いますか?
なんのこっちゃ,と思った方がほとんどだと思います。
あなたが想像した「さわちゅうが話そうと思った重要な話」って
いったいなんだったでしょうか?
実は,このくだりをセミナーでしたことがあるのですが,
以下のようなお言葉をいただきました。
 □ 結婚発表 (←笑)
 □ ビジネスのポイント
 □ 一瞬で儲かる方法
 □ 一攫千金の儲け話
 □ 今日のセミナーのポイント
 □ 謝罪
 □ ビジョン・ミッションの発表
 □ 次回セミナーの予告
 □ 恋愛で成功する方法
 
…などなど,出るは出るは,てんでバラバラの想いが。
何が言いたいかというと,言葉が足らないことが普段多すぎる,ということです。
あいまいな言葉が多いと,正しく人には伝わらないのです。
「トイレに行ってきてください」という言葉を先ほど僕は投げかけましたが,
ほとんどの方が,「大小便を済ます」と理解され,
トイレに行かれたと思います。
しかしながら,本当にトイレに行って,戻ってきただけの人も,
100人に3人ぐらいはいるかと思います。
そういう人もいる,という理解が実は必要なのです。
昔,登記簿の閲覧制度があったとき(*今でもあることにはありますが…),
ある事務所で所長がスタッフにこう指示したそうです。
「○○株式会社の登記簿を閲覧してこい!」
スタッフは,「○○株式会社の登記簿を閲覧」して帰ってきました。
しかし,スタッフの「閲覧してきました!」という報告に所長は激怒。
いったいなぜでしょうか。
実は,所長がしてきてほしかったことを,正しく表現すると,
「法務局に行って,○○株式会社の登記簿を閲覧して,
 【その内容をメモして】事務所に戻ってくる」というものだったのです。
所長にとっては,当たり前のことだたので,【】の中が抜けたのですが,
スタッフにとっては抜けたことすら分からなかったのです。
これこそ,今回,お話したい重要なお話なのです。
つまり,「今回の重要な話」とは,
「組織内で正しく物事を伝えるポイント」
これを僕は意図して最初にお話を始めたのでした。
さて,これで皆さんの前提条件がそろいました。
いよいよ本題に入ります。
が,だいぶ長くなりましたので,ブレイクしましょう。
次回に続きます。

【スマホをご利用の方】
↓をタップですぐ電話がかけられます!

tel

【チャットワーク】コンタクト追加はここ】

ギャップを出す!前のページ

組織内で正しく物事を伝えるポイント次のページ

関連記事

  1. 専門ノウハウ

    特定行政書士研修用の参考書

    特定行政書士研修の振込み案内がきていない,名古屋の行政書士…

  2. 日常の様子

    マイナス×マイナス=プラス

    意外と,当たり前になっていることを説明したり,証明したりするのは大変な…

  3. 日常の様子

    意思・群れ・責任

    意思決定し,群れを離れ,責任をとる。-それを自由意思として選択できる…

  4. 日常の様子

    ◆誤字脱字

    一般社団法人コスモス成年後見サポートセンターの修了試験をうけてきた愛知…

  5. 日常の様子

    ◆時計とビジネス

    久々に自転車に乗ったら,足ではなく腕が痛い人と人の化学反応を科学して,…

  6. 日常の様子

    悲観的に備えて…!

    夜な夜な事務所から締め出しを食らったさわちゅうです,こんばんは。 セ…

ちょっとしたことでもOKです

tel_side

最近の記事





tel_side
〒460-0002
名古屋市中区丸の内一丁目10番29号
白川第8ビル5階
行政書士ほみにす法務事務所
PAGE TOP