日常の様子

ビジネスと駅伝

社長というのは,駅伝の走者みたいなものだ,

と思っているのです。

ある期間,ランナーとして走って,

会社をできるだけトップ集団に位置づけておく。

そして,次のランナーにバトンタッチする。

佐藤 博

なぜか,駅伝とか,マラソンとかを見てしまうさわちゅうです。

一方で,水泳って意外とみません,なんでだろう。

…未練があるからか?(苦笑)

それとも,あっけないからかな。一瞬にして,諸行無常。

さて,駅伝はたすきをつなぐ競技です。

先日の行政書士会の研究会では,

【襷(たすき)をつなぐ事業承継】という題でしたが。

前,社長は辞め時を間違えないこと,という先人の言葉を

紹介いたしましたが,今回も趣旨としては同じことでしょう。

やはり,できる先人は,やめ時をしっかり判断できるようです。

事業承継のセミナーをやろうと,商工会議所さんと話しをしているのですが,

前回,集客に失敗したもようです。

で,原因はなにか,というと,やはり言い出しにくい,とのこと。

ワンマン社長(というか,職人気質)は,「おれの代まででいい!」と意地を張り,

息子世代がその話しを聞きに来ると,カドが立つ。

非常に難しいところではありますが,

60歳をすぎたら,事業承継を考えていかないと,まずい。

会社を継ぐ,ということになれば,いろいろな準備を含めて

10年は見ておいていただきたいな,と思います。

もちろん,切羽詰って形式上というのはいくらでもできます。

しかし,もっともスムーズに,かつ,効果的に事業承継をするためには,

10年程度必要だといわれています。

社長が息子になったとたん,取引してくれなくなる会社もあります。

会社といっても,中小企業ですと,個人事業主と変らないぐらい,

「個人と個人」の付き合いのところが多いのです。

「故人との付き合い」というのは,意外と死亡という事実で簡単に切られてしまいます。

特に,金融機関。

というわけで,事業承継についてまだ考えていない方,

考えるために,私のセミナーに参加してくださいね。

詳細は後日,発表いたします。

愛知県・岡崎市での会社設立・企業法務なら,起業人ドットコム by ほみにす法務事務所

さわちゅうの「“チューター型”資格起業人」in 岡崎-愛知県・岡崎での会社設立なら…起業人ドットコム

【スマホをご利用の方】
↓をタップですぐ電話がかけられます!

tel

【チャットワーク】コンタクト追加はここ】

予防の大切さ前のページ

意思・群れ・責任次のページ

関連記事

  1. 専門ノウハウ

    windows10 アップデート 回避

    【windows10を入手する 削除】が人気キーワードになりつつあ…

  2. 日常の様子

    なぜ,本を買うのか?

    毎月,30冊は本を買っているんじゃないかというさわちゅうです。そんでも…

  3. 日常の様子

    ◆遠足前の心持

    明日は竹田先生のセミナーを受けに行ってくる人と人の化学反応を科学して,…

  4. 日常の様子

    来年の一字

    来年の一字を今,確定させることによって,逆算して達成しようと思う信者創…

  5. 日常の様子

    “商売”は、夫婦に勝るものはない

    ものすごい衝動・衝撃を感じたさわちゅうです。接近戦の件については,月曜…

  6. 日常の様子

    士業としての,証,とは。

    士業はサービス業,当たり前!と思っているさわちゅうです。が,そうでない…

ちょっとしたことでもOKです

tel_side

最近の記事





tel_side
〒460-0002
名古屋市中区丸の内一丁目10番29号
白川第8ビル5階
行政書士ほみにす法務事務所
PAGE TOP