日常の様子

ビジネスと駅伝

社長というのは,駅伝の走者みたいなものだ,

と思っているのです。

ある期間,ランナーとして走って,

会社をできるだけトップ集団に位置づけておく。

そして,次のランナーにバトンタッチする。

佐藤 博

なぜか,駅伝とか,マラソンとかを見てしまうさわちゅうです。

一方で,水泳って意外とみません,なんでだろう。

…未練があるからか?(苦笑)

それとも,あっけないからかな。一瞬にして,諸行無常。

さて,駅伝はたすきをつなぐ競技です。

先日の行政書士会の研究会では,

【襷(たすき)をつなぐ事業承継】という題でしたが。

前,社長は辞め時を間違えないこと,という先人の言葉を

紹介いたしましたが,今回も趣旨としては同じことでしょう。

やはり,できる先人は,やめ時をしっかり判断できるようです。

事業承継のセミナーをやろうと,商工会議所さんと話しをしているのですが,

前回,集客に失敗したもようです。

で,原因はなにか,というと,やはり言い出しにくい,とのこと。

ワンマン社長(というか,職人気質)は,「おれの代まででいい!」と意地を張り,

息子世代がその話しを聞きに来ると,カドが立つ。

非常に難しいところではありますが,

60歳をすぎたら,事業承継を考えていかないと,まずい。

会社を継ぐ,ということになれば,いろいろな準備を含めて

10年は見ておいていただきたいな,と思います。

もちろん,切羽詰って形式上というのはいくらでもできます。

しかし,もっともスムーズに,かつ,効果的に事業承継をするためには,

10年程度必要だといわれています。

社長が息子になったとたん,取引してくれなくなる会社もあります。

会社といっても,中小企業ですと,個人事業主と変らないぐらい,

「個人と個人」の付き合いのところが多いのです。

「故人との付き合い」というのは,意外と死亡という事実で簡単に切られてしまいます。

特に,金融機関。

というわけで,事業承継についてまだ考えていない方,

考えるために,私のセミナーに参加してくださいね。

詳細は後日,発表いたします。

愛知県・岡崎市での会社設立・企業法務なら,起業人ドットコム by ほみにす法務事務所

さわちゅうの「“チューター型”資格起業人」in 岡崎-愛知県・岡崎での会社設立なら…起業人ドットコム

【スマホをご利用の方】
↓をタップですぐ電話がかけられます!

tel

【チャットワーク】コンタクト追加はここ】

関連記事

  1. 日常の様子

    クレーム処理★

    いろいろなところから,お客様からのクレーム対応について相談をうける小さ…

  2. 日常の様子

    ★7つの起業・副業法

    結構,いろんなものに登録している人と人の化学反応を科学して,日本の中小…

  3. 日常の様子

    心。

    営業は,うまい下手じゃない。お客さんは,われわれの心を見ているんだ。…

  4. 日常の様子

    フォトリーディングと速読

    ほぼ徹夜でWEBページを製作しているさわちゅうです,こんにちは…普段は…

  5. 日常の様子

    他人を見て,勉強する。

    ラジオ体操してから,仕事を始めるさわちゅうです,こんにちは。というのも…

  6. 日常の様子

    ◆事業が上手くいかないこんな理由

    そろそろ確定申告モードな感じの澤田です!電子署名が切れているので,再取…

ちょっとしたことでもOKです

最近の記事





tel_side
〒460-0002
名古屋市中区丸の内一丁目10番29号
白川第8ビル5階
行政書士ほみにす法務事務所
PAGE TOP