日常の様子

顧客に対する一歩進んだ理解

あまり食べられないのに結構、バイキングが好きなさわちゅうです。
そのくせ、目一杯食べてモトヲトロウとするので、
あとで後悔する結果にいつもなります。
両親に言わせると、幼稚園児の頃からたべすぎて…
…人間、変わらないものです。
そんな私は、基本飲まないので、接待はご飯中心、
とくにパワーランチということになります。
先日、某ホテルのランチビュッフェに行ってきました。
…接待ですから。接待でなければ、昼食は200円以内です。
料理は、まぁ、うまいんですよ。
蟹も食べ放題ですし。
メニューも豊富ですし、お客様もいっぱい…。
残念だったのが、皿をさげること。
確かに、お皿を下げるのは重要です。
タイミングもバッチリでした。
が、しかしです。
私たちはカニを食べていたんです。
蟹のカラがお皿の上にはのってませんか?
から置きがなくなったら、このあと私たちはどうすれば良いの?
…そう聞きたくなる状況でした。
結局、新しいお皿を私が取りに行って、
から置きを再度つくったのですが…。
おそらく、あのウェイターさんは、
「邪魔になってそうだから、片付けよう。」
そう思ってくれたんだとおもいます。ありがとうございます。
もう一歩、お皿をひいたあとのフォローがあれば、
完璧でした!
さらに、お客様が何でここにきているのか、
そこに対する理解ができたのであれば、
さらにいい、サービスが提供できるとおもいます。
例えば、このランチビュッフェで商談がまとまるかもしれません。
このランチビュッフェで、彼はプロポーズを成功させようとしているかもしれません。
このランチビュッフェで、彼女は友達の幸せをお祝いしようとしているのかもしれません。
このランチビュッフェで、彼は離婚を回避しようとしているのかもしれません。
誰もが、食事をするという表の欲求だけでなく、
裏の欲求を持っているのです。
そこの理解ができているところは強いですね、
うちのお客様のところでもf^_^;)
こっちとしては、お皿の片付けのせいで、
商談が破断となったら元も子もないんですよ(^_^;)

【スマホをご利用の方】
↓をタップですぐ電話がかけられます!

tel

【チャットワーク】コンタクト追加はここ】

◆事業が上手くいかないこんな理由前のページ

ギャップを出す!次のページ

関連記事

  1. 日常の様子

    ◆主婦の店

    朝ごはんを買う前に昼ごはんを買っていた愛知県岡崎市の信者創出コンサルタ…

  2. 日常の様子

    本を読む,人の話を聞く。

    私の恩師は,「本を読む,というのはどちらかといえば銀行に貯金するような…

  3. 日常の様子

    やる気の法則

    結果=やる気の2乗×資質(技術)吉田博一神社仏閣めぐりが実は趣味じ…

  4. 日常の様子

    ブルーオーシャン

    ブルーオーシャンって,海はもともと青いだろ!というツイッターのツッコミ…

  5. 日常の様子

    お金をかける,ということ

    今日は昼も夜も外食+オーバー500円という, 珍しい状況だったさわち…

  6. 日常の様子

    セミナー開催,ということ

    セミナーを開催しているさわちゅうです,こんばんは。これが意外と楽しいん…

ちょっとしたことでもOKです

tel_side

最近の記事





tel_side
〒460-0002
名古屋市中区丸の内一丁目10番29号
白川第8ビル5階
行政書士ほみにす法務事務所
PAGE TOP