会社設立・定款

会社名の決め方の6つの法律的アプローチ

m010078

さて,会社名の決め方シリーズ第2弾。
今回は,「法律的にどのような制限があるのか?」というところに
フォーカスして,お伝えします。

会社の種類を入れなければならない

株式会社なら,株式会社。合同会社なら合同会社。
一般社団法人なら一般社団法人・・・というように,
会社名の中には,その会社の種類をあらわすものをいれなければなりません。

また,株式会社なのに,合同会社と紛らわしい・・・というのはNGです。

 

通常,前株(例:株式会社●●)とか,後株(例:●●株式会社)とか,
という話になるのですが,実は,これ以外の場合もありです。

●●株式会社××,なんていう,中株もできます。

会社の一部を表現するものはNG

○○支店、○○支社、○○部など,
会社の一部分を表すような商号はNGです。

ただし,●●株式会社が(事実上の)支店を別会社として
△△県つくる場合に,●●株式会社△△というようにするのはOKです。

中株,というわけです。

 

特別な法律で規制されている文字はNG

「銀行」という文字が使える(というか,使わなくてはならない)のは,
銀行(の免許を持っている会社)に限られています。

銀行は,銀行という文字を使わないといけないので,
今はなくなってしまいましたが,イーバンク銀行は
バンクと銀行が意味的にはかぶっていますが,そうするしかなかったのです。

ですので,一般の方は銀行という文字は使うことができませんが,
制限のない「バンク」という文字は使えます。

銀行以外にも,一定の会社は,「●●という文字を使いなさい!」と
法律上なっていることもあるので,注意が必要です。

 

同じ場所に,同じ会社名はNG

同一の住所に,同一の名前の会社はNGです。

ただし,●●株式会社があるところに,
株式会社●●をつくるのは,「同一商号ではない」のでOKです。

 

有名な会社・商品と同じ,はNG

虎の威を借る狐作戦として,有名な会社・商品と同じ会社名はNG。
これは,不正競争防止法に基づいて訴えられる可能性があります。

ソニーとか,パナソニックとか,勝手に使ってはだめ,
ということですね。

 

公序良俗に反するのはNG

ここら辺は,裁量の範囲・・・ということになってくるのでしょうが,
公序良俗に反するのはNG,といわれています。

なにが公序良俗に反するのかは,ケースバーケースだと思いますが,
他人が見て,不快になる可能性があるものは避ける,
と考えていただければいいのだと思います。

 

【スマホをご利用の方】
↓をタップですぐ電話がかけられます!

tel

【チャットワーク】コンタクト追加はここ】

関連記事

  1. 専門ノウハウ

    特定行政書士対策テキスト

    特定行政書士試験対策で書店さんで推薦されている名古屋の特定行政書士…

  2. 会社設立・定款

    会社設立 freeeはいい感じ!

    「会社設立 freee」は全自動で会社設立に必要な書類をすべて…

  3. 専門ノウハウ

    事務所見学の醍醐味

    だいたい,出張のたびに,どこかの士業事務所だったり,会社さんを…

  4. 専門ノウハウ

    士業 一人での売上 限界

    確定申告祭まっさいちゅうの,名古屋の特定行政書士,さわちゅ…

  5. 仮想通貨法務

    仮想通貨と平均移動法

    仮想通貨に関する所得の計算方法等についてを読み込んでいる,特定行政…

  6. マイナンバー対策

    マイナンバーと成年後見

    相変わらず,マイナンバーに関する研修をやり続けている行政書…

ちょっとしたことでもOKです

最近の記事





tel_side
〒460-0002
名古屋市中区丸の内一丁目10番29号
白川第8ビル5階
行政書士ほみにす法務事務所
PAGE TOP