仮想通貨法務

仮想通貨で脱税はできるのか?

仮想通貨のお問い合わせがめちゃめちゃ多い,
名古屋の特定行政書士の澤田です。

全国からいただいております^^

で,たまーにあるご質問が,

脱税できないか?

という相談。

いや,まぁ,ストレートに言う人は,
少ないわけですが。

脱税,ダメですよ。
僕ら,税金のおかげで,
生活できているんですから。

 

というか,そもそも,
仮想通貨の仕組みが分かってない,
ということですよね,この質問。

仮想通貨は,一般的な通貨と比較すると,
とんでもなく,履歴が追えるものです。

その気になれば,全履歴を追えるわけ。
それが,ブロックチェーンだから。

というわけで,

脱税は,無理。
利益の付け替え(例:個人→赤字法人)も,無理。

適切に申告して,
適切に納税する。

コレじゃなければ,ダメなんです。

【スマホをご利用の方】
↓をタップですぐ電話がかけられます!

tel

【チャットワーク】コンタクト追加はここ】

関連記事

  1. 会社設立・定款

    株式会社設立の費用と資本金

    最近は,資本金の額が本当に少なくなったなと感じる名古屋の特定行…

  2. マイナンバー対策

    マイナンバーカードの発行&年度内交付

    マイナンバーカードの申請はしていない,名古屋の特定行政書士…

  3. 専門ノウハウ

    【新版】小さな会社★儲けのルール

    2016年上半期に驚いたことTOP10の中のひとつが,セミ…

  4. マイナンバー対策

    マイナンバーと住所をフリーランスは教えないといけない?

    クライアントのマイナンバー対策をすすめている名古屋の行政書士,…

  5. 専門ノウハウ

    古物商許可申請のローカルルール

    愛知県警のサイトには,申請書類の書き方が書いていないので,警視庁のサイ…

  6. 専門ノウハウ

    特定行政書士の誕生日

    もう,忘れている人も多いかもしれない,特定行政書士研修。ど…

ちょっとしたことでもOKです

最近の記事





tel_side
〒460-0002
名古屋市中区丸の内一丁目10番29号
白川第8ビル5階
行政書士ほみにす法務事務所
PAGE TOP