仮想通貨法務

仮想通貨で脱税はできるのか?

仮想通貨のお問い合わせがめちゃめちゃ多い,
名古屋の特定行政書士の澤田です。

全国からいただいております^^

で,たまーにあるご質問が,

脱税できないか?

という相談。

いや,まぁ,ストレートに言う人は,
少ないわけですが。

脱税,ダメですよ。
僕ら,税金のおかげで,
生活できているんですから。

 

というか,そもそも,
仮想通貨の仕組みが分かってない,
ということですよね,この質問。

仮想通貨は,一般的な通貨と比較すると,
とんでもなく,履歴が追えるものです。

その気になれば,全履歴を追えるわけ。
それが,ブロックチェーンだから。

というわけで,

脱税は,無理。
利益の付け替え(例:個人→赤字法人)も,無理。

適切に申告して,
適切に納税する。

コレじゃなければ,ダメなんです。

【スマホをご利用の方】
↓をタップですぐ電話がかけられます!

tel

【チャットワーク】コンタクト追加はここ】

関連記事

  1. 会社設立・定款

    会社設立:会社は何日につくるべきか?

    月初は会社設立・法人設立業務が多くなってる,名古屋の行政書士ほみに…

  2. マイナンバー対策

    チーム・マイナンバー

    マイナンバー対策チームの立ち上げをクライアントでしてきた名…

  3. 会社設立・定款

    会社の印鑑の素材は何にするべきか?

    会社設立のクライアントの印鑑を発注しまくっている名古屋の特…

  4. 会社設立・定款

    補助金:名古屋で創業5年以内の起業家

    いよいよ本格的なスタートアップ支援が始まった!という感想を持っ…

  5. 専門ノウハウ

    特定行政書士研修用の参考書

    特定行政書士研修の振込み案内がきていない,名古屋の行政書士…

  6. 会社設立・定款

    春は会社設立の時期です

    確定申告の時期を迎えて「そろそろ会社設立かな?」というご相…

ちょっとしたことでもOKです

最近の記事





tel_side
〒460-0002
名古屋市中区丸の内一丁目10番29号
白川第8ビル5階
行政書士ほみにす法務事務所
PAGE TOP