セミナー情報

DropInto2016

header

2016年ももう2ヶ月終了かぁ・・・っと思うと,
早いなぁという感じの,行政書士ほみにす法務事務所,
特定行政書士の澤田です。確定申告の準備もしないと・・・ね。

あなたは2015年にどのくらい満足していますか?

「年間計画」でこんな事、ありませんか?

「どんな1年にしようか・・・」
年末年始になると、年間計画を立てる方も多いかもしれませんね。

紙に書いたり、頭の中でイメージしたり。

方法は色々とありますが、お仕事なら、
「◯月ごろまでに利益をここまで上げて、新しいプロジェクトをここで・・・」

プライベートの充実や、夢を追いかけているなら、
「◯月にこの講座に参加するために、ここでお金を貯めて、人に会って・・・」

と、希望や決意も新たにしながら、
「来年はもっと良い年にするぞ・・・!」と一番モチベーションが上がる時期ですよね。

積極的に年間計画を立てるセミナーに参加したり、
何でもチャレンジしたいと思うし、出来そうな気もする。

ただ、実際はどうなるかと言うと・・・

  • 「結局、計画通りにはいかないんじゃないか?」と疑ってしまったり
  • 年間計画を立てたことすら、すぐに忘れてしまったり
  • 夢や希望だらけで立てたファンタジー過ぎる年間計画に嫌気がさしたり
  • 計画通りに行動できない自分を責めてしまったり
  • 「そもそも年間計画なんて立てても・・・」と諦めていたり

・・・と、心当たりはありませんか?

たしかに、これではせっかくの計画もモッタイナイ。

でも、それも仕方ないことかもしれません。なぜなら・・・

「本当に望み通り、計画通りの1年を過ごせてしまったら、嬉しい。
けど、どうせ無理・・・と諦めておけば、叶わなくても切ない思いをしなくて済む。」

もしかしたら、心のどこかで、そんな風に思っているかもしれないからです。

ただ、そんな風に悩んでいたり、不安に思っているのなら
それは実は、あなたにとっての可能性を秘めたチャンスなのです。

なぜなら・・・

本当はもっと自分にもできることがあるハズ

実はその不安は、わずかでも「自分の未来や希望を信じたい」という表れだからです。

「本当はこんなふうに生きれたら良いな・・・」
という一筋の光さえあれば、あなたは今からでも未来を変えていくことができます。

計画を立てて、行動に移して、結果を残していく人がいますよね。

「凄いなー。どうしてあんな事ができるんだろう。不安はないのかな?」

そう思って話を聞いてみると、実は、不安がないわけではないようです。
むしろ、途中でどんどん計画が変わって、いつもドキドキしているらしいんです。

ただし、計画を立てて、行動に移せる方に共通していることは・・・

「人とつながっている」という感覚

「不安な時こそ、仲間と繋がっている感覚を思い出す」という事でした。

そうです。実は、種類や規模は違えど、未来の計画を立てる段階では
「本当に大丈夫なのかな・・・」と不安を感じている方は、とても多いのです。

時代の流れも急激に速まり、すぐ数年後の未来も予測できない今。

何をするにしても、誰でも、新しいチャレンジを始める時には
まるで真っ暗で終わりの見えない谷底に飛び込むような不安を感じることもあります。

ただ、少し視点を変えれば、不安が大きいほど、その計画は
「本当にやりたいこと。実現したいこと。」に近いとも言えます。

そんな時、あなたの事を心から応援してくれる人が、たった1人でもいたら・・・

不思議と人は自ら立ち上がって、行動に移せるものです。

そして、あなたも飛び込むことが出来るのです。
また2016年から始まる、新しい自分の未来に。

そのためのキッカケになるのが、今回のイベント『Drop Into 2016』です。

『Drop Into 2016』とは?

この「Drop Into 2016」は、その名の通り「2016年に飛び込む」という意味があり、
2011年に初開催して以来、今年で5年目になります。

平たく言ってしまえば「2016年の年間計画を立てるセミナー」なのですが、
年々リピーターや新規の方が増え続けているところには、もちろん理由があります。

それは、「立てた年間計画通りに1年を過ごせないから」ということです。

さて、どういうことでしょう?

『Drop Into』の3つの特徴

年間計画を立てる素晴らしいセミナーは、たくさんあります。

それでもこの『Drop Into』は、ある特徴によって
とても多くの参加者様の立てた計画が、次々に実現していくと定評があります。

その特徴とは・・・

1.「計画」が実現した未来を先取りする

例えば、あなたに何か達成したい目標があるとします。
その時、目標を達成するためには、これから何をしていく必要があるかと考えますよね。

ところが「Drop Into」では、目標を達成した未来の視点から、
現実的にどのような行動をとっていくことが効果的かを知ることができます。

未来の視点から行動計画を発想する創造的な感覚を肌で感じることで、
あなたの計画実現力がより高まることを実感していただけます。

2.あなたに最適なタイミングをデザインする

そしてその創造性を実際に現実にしていくために、あなたが1年間のうちの
どの時期に、何をすれば最も効果的なのかのタイミングを知ることができます。

そうです。

「とにかく闇雲に行動すればいい」というわけではなく
その行動の効果を最大化させるためには、タイミングがとても重要です。

そしてそのタイミングは、人それぞれ全く違います。

だからこそ、あなたに最適な、
あなただけの行動のタイミングを知ることが重要なのです。

3.想像もできなかった「まさかの未来」を現実に生み出す

そしてここが最大の特徴になりますが、先ほどもお伝えした通り
「Drop Into」で作りあげた年間計画は、その通りになりません。

それはなぜだと思いますか?

それは・・・

「ちょっと書き過ぎちゃったかな~」
と、無謀とも思えるような年間計画さえ遥かに飛び越して
「まさかの未来」を現実に生み出してしまう方が続出しているのです。

「まさか本当に、私が~~~になるとは思わなかった。」
「まさか本当に、あの人が私の~~~になるとは思わなかった。」
「まさか本当に、あの夢が~~~になるとは思わなかった。」

この「まさか」の連続が「当たり前」に生み出されるようになります。
あなたも、次々に年間計画を更新し続けていくワクワク感を感じてみませんか?

このセミナーに参加することであなたは

  • あなたのワクワクな1年間の道すじを記した行動計画表「航海図」が手に入ります。
  • 次々に変化していく毎日の航海を、楽しみながら生きられるようになります。
  • 変化に対して柔軟に対応できるようになり、大きな出来事やご縁を、意識的に味方につけられるようになります。
  • 全国に数百人もの”2016年の航海”を共にする仲間ができ、お互いに励まし合い、協力し合える、継続的な信頼関係でつながることができます。
  • 想像もできない未来を引き起こす勇気や自信、覚悟が身につきます。
  • 全ての出来事、人、感情を受け入れられる心の広がりを感じられます。
  • 自分自身に対して、愛や自信、信頼感を感じながら生きられるようになります。

あなたに起こる劇的な変化

すでに気がついているかもしれませんが、ようするにこのセミナー後は、
あなたにとって「とんでもない」と感じるくらいの年間計画を立てて、
それを実際に1年間かけて着々と叶えていく・・・ということがあなたに起こります。

いわゆる「普通の年間計画」では、
「来年はこれをする」と決めて行動に移すことになりますよね?

もちろん、それにも価値はあります。

ただ、中には・・・

「自分で決めたことが守れなくなるのが嫌だから、無難な計画を立てる」
「最初は頭で“変わりたい”と思って壮大な計画を立てても、心が動かず行動できない」
「自分を成長させるのも魅力的だけど、ナンダカンダで現状維持の方が楽だし安心する」

というふうに感じて、結局ほとんど計画を実行できずに
「来年こそは・・・」と、1年を終えていく方も多くいらっしゃるでしょう。

プロセスで表すと、

1「(計画を)決める」2「1年かけて地道に頑張る」3「計画をこなせた分だけの変化・成長をする」

という道を多くの方が歩むことになります。

このプロセスも楽しいですが、
「変化・成長に時間がかかる」「どうしても行動が無難になりがち」
「計画していたこと以上の良いことが起こりにくい」というデメリットもあります。

しかしこのDrop Intoでは、
「実現したい未来」を「その場・その瞬間」から生み出し、
「すでに変化・成長した、未来のあなた」として1年間を始めることが出来ます。

そして、あなたは・・・

1『(計画を)決める』2『(その瞬間から)変化・成長が起こる』3『変化・成長した自分として1年間を味わい、楽しむ』

というプロセスを歩んでいくことになるのです。

少し難しく感じるかもしれませんが、それによってあなたは、
「満たされない感覚、欠乏感を埋めるための行動を1年間続ける」のではなく
「すでに満たされている感覚、充実感や幸福感を持ちながら1年を味わえる」ような
劇的な変化
を、セミナーのその場から感じていただくことができます。

満たされた感覚が生み出すこととは?

「満たされている感覚」で起こす行動は、
「欠乏感を満たすため」に起こす行動とは、生み出す結果がまるで違います。

例えば、満たされた感覚で行動できると、
「あなたの立てた計画を越えた”想像以上”の出来事」が次々に起こり始めます。

その出来事は、時には喜ばしいことばかりではないかもしれません。
時には、高波や強い向かい風を感じることもあるでしょう。

しかし、その時のあなたであれば、その出来事の本質的な意味を理解し、
計画を越えた、より一層の変化・成長につなげていくキッカケに出来るはずです。

なぜならば、あなたは、あなたの人生の航海士になるからです。

そうです。

欠乏感から生み出す「自分のためだけの変化・成長」ではなく
満たされた感覚からしか生み出せない「自分のエゴを越えた本当の幸せ」のための
新たなチャレンジが始まります。

そしてあなたは、満たされた感覚を持って行動を起こしていくことによって
「あなたの人生の幸せ」や「人や社会への貢献」を当たり前に生み出すことになります。

その出来事があなたの人生に多くの「意味」を与えてくれるでしょう。
あなたはその感覚をじっくりと味わいながら、1年間を過ごすことになります。

ですからあなたは、このセミナーで
「誰かが与えてくれる人生」ではなく、
『自分で一歩踏み出し、人や社会の幸せに貢献できる人生』
の”航海図”を手にすることになるのです。

安心してセミナーにご参加いただくために

でも・・・

「年間計画のわりには、ちょっと大げさじゃない?」
「そんなとんでもない計画、自分には立てられない」
「どうせ立てても実現できないんじゃないか?」

そういった不安もあるかもしれません。

ただ、このDrop Intoが2011年からずっと
それらの不安を取り除き、参加者がワクワク感と
実際に成果を手に入れているのには秘密があります。

その秘密とは・・・

実は毎年、その時代の流れや、参加者層に合わせて内容が進化し続けるDrop Into。

参加者一人ひとりに最適化された”航海図”とは、いわば
「夢物語を現実にする」具体的なステップが記されてある宝地図の様なものです。

その航海図には、2016年であなたが、いつ、
何をすれば最適なのかが、具体的かつ根拠を持って記されることになるでしょう。

「たった1日のセミナーで、そんな無謀な・・・」という内容を実現するためには、
講師の様々な知識や経験、スキル、メソッドが必要になることは想像できるでしょう。

しかし、その「無謀」を現実にできるのが、
Drop Intoの講師、石ヶ森 久恵(いしがもり ひさえ)さんです。

過去の参加者アンケートを見てみると、
「Drop Into に参加した決め手」のほとんどが
「さえさん(石ヶ森さん)の講座だから」と、
セミナーの内容だけでなく、講師(ファシリテーター)を全面的に信頼しての理由なのです。

初めて参加される方の中には、

「リピーターが多いってことは、自分だけ居場所がなさそうだなあ・・・」
「そんな中でいきなり参加しても本当に大丈夫なのかな・・・」
「難しそうだし、着いていけなかったらどうしよう・・・」

という不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ご安心ください。
その不安も、時間とともに希望に変えてしまうのが、石ヶ森さんの魅力の一つです。

石ヶ森さんは「加速学習」の手法をメインに、
10種類以上の「脳を活性化させて、人の可能性を最大限に引き出す」ための
ツールやメソッドの第一人者であり、経営者や企業役員、教員、学生など
毎年1,000人近い受講生を排出しています。

その実績があるからこそ、このDrop Intoでは、
日々伝え続けている様々なメソッドの”いいとこ取り”をしながら
その年・その時代に最適な内容を構築して、提供してくださいます。

そんな石ヶ森さんのDrop Intoだからこそ、参加した多くの方は・・・

「こんなに簡単に実現して良いんだ、と自分に許可ができました。」
「たしかに”普通の年間計画”よりも、ちょっと大変だけど、退屈な一年ではなく
充実して面白く、ワクワクしながらチャレンジできた一年になりました!」
「意識しなくても勝手に叶う。夢を現実にするための方法が分かった。」

と、ニコニコしながら新年を楽しんでいます。

ですから、どうぞあなたも安心してセミナーに参加してください。

安心して、楽しくセミナーに参加していただくことで
あなたの”航海図”は、きっとさらに魅力を増していくことでしょう。

講師プロフィール

研修講師、コンテンツ開発アドバイザー、人材育成コンサルタント。
大学にて現代哲学を専攻、卒業後大手外資系 IT 企業にて、プログラマ、SE、プロジェクトマネジメント。長期にわたり業務システム開発プロダクトの受け入れ、営業支援、適用支援、教育研修を担当。製造流通、金融、公共団体の業務系基幹データベース、汎用機、イントラネット、インターネットの統合オンラインシステム設計、開発のプロジェクトマネジメントも行う。

独立後、女性起業家支援コンサルタントとしてセラピスト育成校の立上、ワークショップの開発、コーチングスクールのカリキュラム開発、女性向けビジネス研修プログラム構築などを手掛ける。

数々の「学び方を学ぶ ( Learn how to Learn )」メソッドに関して、標準コンテンツの開発、インストラクター育成を長く手掛ける。

年間50回の講座を担当し、これまでに4000人以上の受講生を輩出。受講生の中には、講座受講後、著者、人気セミナー講師、起業家になった人も多い。

理論立てて説明し、実際に使う場面を想定しての体験型学習で、納得しやすく実践活用しやすいと定評がある。

Drop Into 2016 詳細

お申し込みはコチラから

さらに…

「Drop Intoで立てた計画の実現力を、さらに高めたい!」
「人の前ではなかなか言えないけど、相談したいことがある!」
「少人数でじっくりコーチングして欲しい!」

という例年のお声にお応えし、各セミナーの翌日に、石ヶ森さんによる
少人数制の『グループコンサルティング』を今年も開催することに致しました。

このグループコンサルティングでは、
その名の通り各回6名までの少人数にお集まりいただき、
石ヶ森さんがもっと親身に、あなたの「実は・・・」にお答えしていきます。

Drop Intoセミナーに参加してくださった方だけの、特別なチャンスとなります。

ぜひセットでご参加いただき、
「過去からの延長ではない、全く新しいあなた」
として、ドキドキワクワクの2016年をスタートさせてください。

お申し込みはコチラから

最後になりますが、こんにちは。

そして「Drop Into 2016」にようこそ!
講師の石ヶ森 久恵です。

日本はとてもいい国です。

大みそかには全国津々浦々に除夜の鐘が鳴り響き、
108つもある煩悩を消し去ってくれます。

昔は借金があっても、年を超えたらチャラになる、という習慣があったくらい
一年の始まりにいろんなものがリセットされ、
すっかり新しい自分になって、新年を迎えることができるのです。

ご都合のいいことに、手に入れた「モノ」は手から離れることがありますが
脳に収まった「叡智」「思考」「思い」は、消すことができません。

あなたの経験と知識はきっちり新年に持ち越せるのです。

だとしたら、年始はとってもナイスな再起動のタイミング。

2015年のうまく行ったところをいいとこどりして
2016年さらに飛躍するために、新年初めに自分の未来を描くイベント、

それが「Drop Into 2016」です。

年間計画の機会はいろいろあるでしょうが
なかなか実行に移せない、とひそかに思っている人は
あなただけではないでしょう。

実は私も年間計画がうまく行かない1人でした(^^;

ですが、ここ数年は計画以上の面白いことが次々起こる
楽し面白い日々が続いています。

その理由は、

「自分が手に入れたい未来をウハウハ妄想して、
そこに至る手前の障害に気づいて取り外し、
最高の一年に飛び込むための弾みをつける。
そして一年間、変化成長した自分を
仲間と一緒に楽しむ」

というやり方にシフトしたから。
この数年で私の周りの人たちが次々と
飛躍的に新しい人生を手に入れています。

年間計画はやらなければならないものではありません。
昨年と同じ人生でも別にいいんです。

でも、Drop Into 2016で作る年間計画は
やりたくなる年間計画。

行動が現実に結び付き、驚く結果を連れてくる。

そんな年間計画を一日かけて作りましょう。

何をするか、それはここではまだ言えません。

ご参加のみなさまに寄り添えるよう
最後の最後まで、最高の2016年のための内容を練っています。

あなたがいて私がいるから作り出せる
最高の2016年年間計画を作り、2016年を味わい尽くしましょう。

あなたのご参加をお待ちしております。

石ヶ森久恵

私にとって最高の2016年の航海図を手に入れます!

 

【スマホをご利用の方】
↓をタップですぐ電話がかけられます!

tel

【チャットワーク】コンタクト追加はここ】

関連記事

  1. 動画解説 YouTube

    もう,メールはやめないか?

    一日に,100通を超えるスパムメールと戦っている名古屋の特…

  2. 日常の様子

    動画:2017年のコンセプトとは?

    さて,いつもどおりに仕事をしている名古屋の特定行政書士,澤…

  3. セミナー情報

    一圓克彦 5年ぶりの全快講演

    というわけで,約5年ぶりに,一圓克彦さんを招いてのセミナー…

ちょっとしたことでもOKです

tel_side

最近の記事

PAGE TOP